スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
デビルマンVS闇の帝王・ハデス、月刊ヤンマガで新連載
デビルマンVS闇の帝王・ハデス、月刊ヤンマガで新連載 [JUGEMニュース]

デビルマン カッコイイんだよね〜
マンガは読んだことないんだけど・・・


11月14日に発売される
月刊ヤングマガジン12月号(講談社)にて、
永井豪原作によるTEAM MOONの
新連載「デビルマン対闇の帝王 ‐DEVILMAN vs HADES‐」がスタートする。

これは永井が手がけてきた「デビルマン」および「マジンガーZ」の、
生誕40周年を記念した作品。
悪魔族最強の男・デビルマンと、
マジンガーの力も及ばないとされる闇の帝王・ハデスの
決戦を描く物語だ。

 

ジェニファー | マンガ | - | - |
深愛〜美桜と蓮の物語〜
タイトルに魅かれた。
”美桜”という名前に魅かれた。



主人公 美桜 
親がいない  家がない  思い出がない  友達がいない
大切なモノがない  愛してくれる人がいない  夢がない
生きている資格がない
・・・そんな 15歳の女の子が出逢った男 


彼は背中に龍をもつ 極道の若頭 だった。。。

蓮が とにかくいい男。
美桜に 向き合ってくれて
”我慢するな” ”楽になれ” 
”俺が全部受け止めてやる” ”おまえを守るから”
・・・な〜んて 言っちゃうんだもん。

それで ”施設に帰るか オレの所へくるか選べ” って・・・
そりゃ、イクでしょ、蓮の所へ。。。O(≧▽≦)O 

少しずつ 少しずつ 蓮の傍で成長していく美桜は
ちょっと 映画「プリティ・ウーマン」みたいな感じ。
でも 映画ほどはっきりとした外見の変化としては描かれていない。

精神的な部分で このタイトルにもあるように
”深愛”として伝わってくる。
男性に守られるって こんなに安心感として伝わるんだなって・・・

強い男が持つ 優しさ の心地よさは
深い深い愛が あるからなんだよね。 

美桜になりた〜い!!
蓮の幼なじみに ”美桜ちん” って呼ばれてる!(≧∇≦)

”本当 かわいいな オマエ”って 蓮が言うんだけど
ある子が実際、
女として生まれてきたからには 
男性に”かわいい”と言われてなんぼだよ。。。
って 
しみじみと言ってたの。
これ読んでても そうだな〜って 感じた。

世の女性の方へ!
愛されたいのなら ”かわいい” って言ってもらえるような
女になろう!!

そうそう!! ある男子も言ってた。d( ̄  ̄)
”かわいくないと オレ 振り向かないから” って。

だからね・・・目指そう!∩`・◇・)ハイッ!!
☆かわいい女☆

こう言うのを・・・
単純バカと呼ぶのかもしれない。。。(ノ∇≦*)



最後のページで蓮が言う。
”思い出いっぱい 作ろーーーな”






 
ジェニファー | マンガ | - | - |
「ガキホス」で触れた愛
 
この漫画 「ガキホス」

とある人がBlogで感想を書いていて、
読みたくなって買ったんだ〜。

随分前に1巻だけ読んでいて存在を忘れてた。
ふと、思いだして最近2巻を買って読みました。

ガキホス

歌舞伎町のホストが題材になっているから
実在のお店の名前とかホスト名が出てきているの・・・

1巻の巻末には、実際歌舞伎町でホストクラブを
経営されてる方ときたがわ翔さんとの対談が掲載されてます。

その内容もホストってことだけでなく、
男の子の変遷についても話していて、
たくさんの人を観てきているから語れるっていうお話で
興味深かった。




主人公は大家族育ちの 戸田白斗
彼は伝説のホスト 如月輝 のように生きたいと
そんなホストを目指して ラブ と云う名で働くっていう
ところから始まる。


夜(闇)の世界のお話なんだけど、
主人公がハチャメチャに明るくてカワイイから
サラリと読めたよ。

おカネと愛

にみえる事柄や出来事の中で 人に必要なモノ
が描かれているんだよね・・・。

最後の方で ラブ が叫んだりするんだけどね・・・
とってもいい顔をして 言うんだよ〜。

「ラブ」という名のもとに、
人の心を動かしていくんだ・・・

人を笑顔にしてあげる、幸せにしてあげる
それが出来る人であれば
おカネは後から付いてくる・・・ってこと。

おカネだけがすべてじゃない。
必要とされてるってことが素敵なことなんだ。

それを目指す主人公が素敵だと思えたよ。
きらきら輝いて見えたよ。



読んでいて、こんな話どこかで観たな・・・
と思ったら、ドラマ「夜王」だった。

共通のテーマだと思えた。

それとドラマ「ハゲタカ」
舞台は違うけれど、
世の中「カネ」か「ココロ」か? ・・・ってね。



それと、今読んでいる本
たまたま目について読んでるんだけど、
その中にもそのテーマに通じることが書いてあった。
またこの本については全部読んでから・・・


思いついたように選ぶ本や大好きな人のブログの中に
欲しい言葉がある。

いま、そんな言葉に元気をたくさんもらってる。
楽しくなっている自分がいる。
 


ジェニファー | マンガ | - | - |
/ 1/1PAGES /